入試情報

一般入試試験要項

受験資格

  • (1)高等学校または中等教育学校を卒業した方。
  • (2)通常の課程による12年の学校教育を修了した方。
  • (3)外国において学校教育における12年の課程を修了した方、またはこれに準ずる方で文部科学大臣の指定した方。
  • (4)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した方。
  • (5)専修学校の高等課程(修業年限が3年以上あること、その他の文部科学大臣が定める基準を満たす者に限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した方。
  • (6)文部科学大臣の指定した方。
  • (7)高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した方(旧規定による大学入学資格検定に合格した方を含む)
  • (8)学校教育法第90条第2項の規定により大学に入学した方であって、当該者をその後に入学させる大学において、大学における教育を受けるにふさわしい学力があると認められた方。
  • (9)本学において、入学資格審査による高等学校を卒業した方と同等以上の学力があると認められた方で、18歳に達した方。

奨学生の内容

入試成績奨学生

入学試験の面接・学科試験の合計得点が75%以上の方について、調査書を含め総合的に判定します。
合格者のうち、選考の結果、入試成績奨学生の基準を満たし採用された方は、授業料の4分の1(54万円)または6分の1(36万円)を免除します。

選考方法

学科試験(国語総合、コミュニケーション英語より1科目選択)・調査書・面接の成績を総合して合否を判定します。
※過年度の学科試験問題(国語総合、コミュニケーション英語)が必要な方は、本学のホームページまたは直接電話等で教務学生課入試広報係まで請求・お問い合わせください。

〈参考事項〉
  • 1 学科試験…国語総合、コミュニケーション英語より1科目選択
    国語総合(古文・漢文を除く)……100点(60分)
    コミュニケーション英語……100点(60分)
  • 2 調査書の取扱い
    参考とします。
  • 3 面接について
    受験生1人ずつ15分程度とします。
  • 4 身体障がい者等について
    身体障がい者については、実験・実習に支障のない限り入学を許可します。
    また、言語障がい者も特に勉学に支障のない限り入学を許可します。

試験の時間割

  9:30~9:40 9:50~10:50 11:00~
こども学科 受験生に対する諸注意 学科試験 面接

出願手続

次の書類および受験料を出願期間中に書類速達で郵送してください。(出願締切期日必着)
ただし、本学に直接来学して手続する場合は、次のとおりとします。

受付時間: 平日 … 午前9時から午後4時まで
土曜日… 午前9時から正午まで

出願書類

  • 1 本学所定用紙(A・B・C・D票とも所定事項を記入のうえ、切り離さずに提出)
  • 2 調査書 出身学校の調査書(封緘のまま開封せずに提出)
  • 3 写真 1枚(脱帽、正面上半身で3か月以内に撮影したもので、受験副票に貼付してください)
  • 4 受験料 30000円(郵便為替に限る。なお、為替には一切記入しないでください)
  • 5 卒業証明書 過年度卒業生のみ。大学等を卒業している場合は、高等学校と大学等の卒業証明書がそれぞれ必要です。

※卒業後年数が経過し、調査書が提出できない方は、調査書が発行できないことを証明する証明書を提出してください。

試験日等

試験日等

入試区分 選考日 合格発表 入学手続締切日 二次納入締切日
一般入試 2月5日(日) 2月18日(土) 3月1日(水) 分納制度なし

方法

  • ① 合格者および不合格者
    掲示発表はせず、合格者、不合格者とも各受験生宛速達で通知します。同時に合格者には入学手続に必要な書類一式を同封します。
    また、出身高等学校には、学校長宛に通知します(過年度卒業生は含みません)
  • ②補欠合格者
    補欠合格者には、合格発表日に「補欠内定通知書」を受験生宛に速達で通知します。合格者の入学手続締切期日後、募集人員に欠員が生じた場合に限り、別途連絡します。連絡がない場合は、不合格となります。
補欠からの合格について
補欠合格者は、定員の関係から、募集人員に欠員が生じた場合に、欠員を補うためのもので、必ずしも全員が合格するとは限りません。
  • ③入試成績奨学生
    入試成績奨学生は、合格通知と合わせて奨学生の「通知」を送ります。不採用の場合は「通知」は同封されません。
  • ④合否および補欠内定、入試成績奨学生の採用・不採用についての問い合わせには、一切応じません。