学科紹介

カリキュラム

質の高い保育者を育成する、魅力あふれる 学びと充実のカリキュラム

時代のニーズに対応できる実践的なカリキュラム編成で、多彩な側面からこどもを理解できるよう人間性を育みます。また、実践重視の授業は、将来、保育の現場で役に立つものばかり。豊かな知識とスキルが吸収できます。

科目

(平成28・29年度入学生)

総合科目

生命倫理 女性と文化 憲法
環境と人間 情報リテラシーと処理技術 健康科学
スポーツ(実技)  キャリアアップⅠ キャリアアップⅡ
キャリアアップⅢ  英語コミュニケーション   

専門教育科目

(教科専門科目)
こども学概論 児童家庭福祉 社会福祉論
相談援助 保育相談支援 こどもと音楽
こどもと器楽・うた こどもと器楽・うたⅡ こどもと造形Ⅰ
こどもと造形Ⅱ こどもと体育Ⅰ こどもと体育Ⅱ
こどもと文学 家庭支援論 こどもの保健Ⅰ
こどもの保健Ⅱ こどもの保健Ⅲ 保育原理
社会的養護 精神保健 こどもの食と栄養
障害児保育 地域ボランティア 特別研究Ⅰ
特別研究Ⅱ 特別研究Ⅲ 特別研究Ⅳ
(教職専門科目)
教職論 教育原理 教育心理学
発達心理学 臨床心理学 こどもと文化
教育課程論 保育内容総論 こどもと健康
こどもと人間関係 こどもと環境 こどもと言葉
こどもとリズム表現 こどもと造形表現Ⅰ こどもと造形表現Ⅱ
こどもと言語表現 こどもと音楽表現 教育方法論
教育相談 乳幼児保育 社会的養護内容
教育実習 教育実習事前・事後指導 保育実習Ⅰ
保育実習指導Ⅰ 保育実習Ⅱ 保育実習指導Ⅱ
保育実習Ⅲ 保育実習指導Ⅲ 保育・教職実践演習(幼稚園)
教育学特別研究

カリキュラム

キャリアアップⅡ

社会人・保育者として求められる一般教養を身につける学習を行っています。具体的には、「一般常識」は、社会科学、人文科学、自然科学の分野から問題集等をもとに学習し、一般常識模擬試験を実施することにより自己の力を客観的に分析します。「作文」は、自己分析をし、表現していくなど文章を書く学習と発表することを通して常識と文章表現・コミュニケーション力の習得を目指して展開していきます。さらに、「保育」は、保育者としての保育観察等を通して実習や専門職に就くための力をつける授業を展開します。

こどもと造形Ⅰ

幼児造形の指導援助者として形や色等の造形の基本的な理論を学習します。それらを踏まえながらテーマをもとに色彩構成学習の実際を学び、あわせて用具や描画材について体験的に理解します。さらに、イメージの広がりから、また、素材の特性を活かし工夫する製作を展開します。具体的には保育現場の教材も視野に入れながら、壁面装飾を想定した製作をしていきます。

発達心理学

はじめに、「心理学」とはどのような学問であるかを理解するところから始めていきます。生涯発達という視点に立ち、こころとからだ、ことば、考える力などの発達を学び、加えて保育実践を行う上で重要な話題を取り上げて、学びを深めていきます。また、子どもたちひとり一人に寄り添えるより良い保育を提供するために、特別な支援を必要とする子どもへの支援・援助についても解説します。

こどもと音楽表現

子どもが豊かな音楽表現活動ができるために、(1)必要なピアノ演奏の基礎技術の習得(2)子どもの歌・童謡曲弾き歌いや簡易伴奏付けの技能の習得(3)ソルフェージュ(読譜、リズム、音程)や歌唱(発声に気をつけて童謡や唱歌を歌う)を学びます。クラスをA・Bグループに分け、また、1回の授業を前半、後半に分けて行います。授業の前半に、Aグループは、ピアノ演奏や弾き歌い、Bグループは、ソルフェージュや歌唱を行い、後半は、交替します。内容により一斉授業で行う場合があります。授業内で、学習成果発表を随時行います。

こどもと言葉

乳幼児期の言葉の発達やそのしくみ、こどもへの先達となる保育者の言葉のあり方、姿勢などについて学習を深めるとともに、相互の意見交換や文字への興味、言葉の持つ楽しさや、言語教材についても実践的な取り組みを行い、言葉を獲得するとはどういうことなのかを探求します。

特別研究Ⅰ

保育者に求められる資質、能力が身に付くような授業内容を展開します。学生各人の経験を大切にするために、5グループ(演劇A・演劇B・人形劇・運動遊び・紙芝居)に分け、複数の教員が各グループを担当し、子どもの文化について理論的に捉え、保育方法や技術を習得します。さらに、学習の成果を地域の子どもたちに大学行事「こどもフェスタ」を通して上演し交流を図ります。また、食育についても取り上げ、認識を深めるとともに、地元の食材を使った伝統的な調理体験も行います。

教育実習

保育現場で幼児との関わりを数多く経験しながら幼児理解を深め、実践力を養い、幼稚園教諭の役割を理解します。こうのとり認定こども園で、1年次2~3月に4日間の実習を経験し、それを基に2年次4月~7月にA・Bクラスに分かれて7日間の実習をします。さらに、9月に学外幼稚園(認定こども園)で2週間の実習をします。

保育実習Ⅰ

保育実習Ⅰは、保育所実習と施設実習からなります。実際に保育所、福祉施設において乳幼児(利用者)とかかわり、保育士の仕事に助手的な形で携わることを通して、授業で学んだ内容と実践の統合を図る科目です。