学科紹介

保育・教育実習

豊岡短期大学の保育・教育実習の特徴

「保育」とは、こどもの心身に寄り添い、すこやかに育むことを目的とする仕事です。保育にたずさわる人間として働くには、豊富な知識とともに現場でしか学べないスキルを身につける必要があります。そのため本学では、さまざまな実習に際しての事前学習や、実習に直接関連するカリキュラムを編成しています。認定こども園、幼稚園、保育所、児童福祉施設をはじめ、併設のこうのとり認定こども園での継続した多くの実習体験で、こどもたちの成長を、身をもって実感し、実りの多い経験を積むことができます。

豊岡短期大学 実習スケジュール

こうのとり認定こども園での実習風景

実習の種類

保育実習Ⅰ(保育所)

実習時期 (前半)1年次 8月~9月の1週間
(後半)1年次 12月~1月の1週間(合計2週間)
実習場所 こうのとり認定こども園(前半・後半)
学ぶこと (前半)保育所の生活に参加し、観察を通して保育所及び乳幼児を理解します。
(後半)保育所の機能と保育士の職務について理解します。

保育実習Ⅰ(施設)

実習時期 1年次 2月~3月の10日間
実習場所 学校が依頼している児童福祉施設のいずれか
学ぶこと 児童福祉施設での生活に参加し、施設の機能とそこでの保育士の職務について理解します。

保育実習Ⅱ・Ⅲ

実習時期 2年次 8月の2週間または10日間
実習場所 (保育実習Ⅱ)各自が依頼した園
(保育実習Ⅲ)学校が依頼している児童福祉施設のいずれか
学ぶこと 指導援助計画を立案し実践することで、保育士としての必要な能力を養います。

教育実習(こうのとり認定こども園)

実習時期 1年次 2月~3月の4日間
2年次 4月~7月の7日間 (合計11日間)
実習場所 こうのとり認定こども園
学ぶこと 授業(理論)と実習(実践)とを関連付けながら学びます。

教育実習

実習時期 2年次 9月の2週間
実習場所 各自が依頼した園
学ぶこと 幼児と関わりながら幼稚園教諭の役割の理解を深め、実践することで能力を養います。