学科紹介

教員紹介

室谷 雅美

教員名 室谷 雅美(Muroya Masami)
職名 准教授
学歴・略歴 <学歴>
奈良女子大学大学院 人間文化研究科 博士後期課程 社会生活環境学専攻 修了

<略歴>
南海福祉専門学校 児童福祉科 科長
学位 博士(学術)
メッセージ 子どもたちの笑顔は、なにものにも負けない力を持っていると思います。子どもたちの笑顔に負けない笑顔で日々を過ごしたいですね。
業績・社会的活動等
  • ◯著書
    • ・『教育心理学-保育・学校現場をよりよくするために-』(共著)
      嵯峨野書院 2016年
    • ・『成長し続ける教育・保育実習』(共著)教育情報出版 2018年
    • ・『相談援助』(共著)青踏社 2018年
    • ・『新・保育と環境』(共著)嵯峨野書院 2019年
    • ・『子ども家庭福祉専門職のための 子育て支援入門 』(共著)
      ミネルヴァ書房 2019年
  • ◯論文
    • ・博士論文『公民館で実施されている家庭教育支援事業に関する研究』(単著)
      奈良女子大学大学院 2014年
    • ・『子育て中の母親の育児ストレスとサポート源の実態』(共著)
      奈良女子大学家政学会研究 Vol.56,No1 2009年
    • ・『公民館で実施されている家庭教育支援事業の実態について-先駆的な事業を実施している公民館の事例-』(共著)日本家政学会誌 V0l.64, No.11 2013年
    • ・『奈良市内の公民館で実施された子育て支援事業の変化について-「奈良市次代育成支援行動計画」前期と後期の相違点より-』(共著)
      奈良女子大学家政学会研究Vol.60,No2 2014年
    • ・『公民館が実施する家庭教育支援事業に関する研究-利用者のニーズと事業実施者の企画に対する意識の比較調査-』(共著)日本家庭教育学会 家庭教育研究19号 2014年
    • ・『生涯学習に対する市民意識に関する検討と課題~大阪府阪南市の市民意識調査をもとに~』(共著)日本生涯教育 学会論集・37 2016年
    • ・『インクルーシブ教育の在り方について-幼児教育現場における教員の関わり方について』(共著)豊岡短期大学論集 第14号 2018年
  • ◯学会発表
    • ・Community Supported child rearing  The 14th Biennial International Congress of Asaian Regional Association For Home Economics Malaysia 2007年
    • ・地域における子育て支援-公民館の事例- 日中コミュニテ研究交流セミナー
      台湾・台中・東海大学 2007年
    • ・公民館における子どもの居場所づくりに関する事例研究 
      日本家政学会 第60回研究発表 2008年
    • ・奈良市内の公民館における子育て支援 第30回日本家政学会関西支部研究発表   2008年
    • ・THE CHILD CARE SUPPORT PRMOTEDE BY PUBLIC HALLS IN NARA CITY The 15th Biennial International Congress of Asian Regional Association for Home Economics INDIA 2009年
    • ・STUDY ON SUPPORT FOR FAMILY EDUCATION IN KOMINKAN -From the case with Wakayama Prefecture Ikuma Kominkan- The 16th Biennial International Congress of Asian Regional Association for Home Economics Philippines 2011年
    • ・公民館で実施する家庭教育支援事業-利用者と企画者の事業に対する相違点-
      第57回日本教育心理学会総会発表 2015年
    • ・生涯学習に対する市民意識に関する検討と課題~大阪府阪南市の市民意識調査をもとに~ 日本生涯教育学会 第36回学会大会 2015年
    • ・教員養成校における「教育相談」の授業のあり方について-カウンセリングマインドを持った教員の養成- 第59回日本教育心理学会総会発表 2017年
    • ・保育士養成校における家庭支援教育に関する研究 日本家庭教育学会平成30年度(第33回)大会 2018年
    • ・インクルーシブ教育について-保育士養成校における意識調査から- 
      第60回日本教育心理学会総会発表 2018年
    • ・自主企画シンポジウム グループ活動を通じた学生支援  
      第60回日本教育心理学会総会発表 2018年
  • ◯社会的活動(社会教育活動)
    <所属学会>
    • ・日本カウンセリング学会
    • ・日本家政学会
    • ・奈良女子大学家政学会
    • ・日本子ども家庭福祉学会
    • ・日本教育心理学会
    • ・日本生涯教育学会
    • ・日本家庭教育学会


    <委員>
    • ・阪南市公民館運営審議会委員
    • ・阪南市社会教育委員
    • ・大阪府泉南警察署協議会委員
    • ・大阪府立和泉総合定時制高等学校運営協議委員(2019年3月まで)
     
  • ◯その他特記事項(受賞歴・資格等)
    <免許・資格>
    • ・小学校教諭二種免許状
    • ・中学校教諭一種免許状(社会・国語)、高等学校一種免許状(社会・国語)
    • ・中学校教諭専修免許状 社会(付記 学校心理学)
    • ・博物館学芸員
    • ・社会教育主事任用資格
    • ・学校図書館司書教諭

    <受賞歴 等>
    • ・奈良県公民館優良職員表彰 2007年
    • ・阪南市功労者表彰 2011年
    • ・奈良女子大学大学院奨励研究員 2011年
    • ・奈良女子大学国際学術交流奨励事業(The 16th Biennial International Congress of Asian Regional Association for Home Economics Philippines)2011年