MENU

卒業生インタビュー

川岸 瑠衣さん(平成30年度卒業)

兵庫県内認定こども園勤務

集中して学んだ2年間があったからこそ、どんな辛いことがあっても短大生活のことを思い出して頑張れる。

2年間で保育士と幼稚園教諭の資格が取得できることと、地元で働きたかったので豊岡短期大学を選びました。2年間で保育士や幼稚園教諭の資格を取得するには、 かなり集中して勉強する必要があります。実際に子どもを相手にする実習授業は、慣れないうちは少し大変です。ですが、クラスのみんなといつも励まし合いながら、互いに切礎琢磨し乗り越えることができました。何でも相談に乗ってくださる身近な存在の先生たちは、実習の事後指導なども親身になって応えてくれました。ピアノにとても力を入れている学校なので、学生の時はピアノを沢山練習しました。その成果もあり、様々な場面で自信を持ってピアノを弾くことができています。保育士として夢を叶えてからの毎日は、キラキラした笑顔で「先生!」と言ってくれる子どもたちと接することができ、 とても幸せです。昨日までできなかったことが、次の日にはできるようになっている姿を近くで見ることができ、改めて保育士になって良かったなと毎日思っています。これからも、子どもたちと日々成長しながら頑張っていきたいです。

荒堀 風花さん(00年度卒業)

兵庫県内保育園・幼稚園勤務

豊岡短期大学で学べてよかった。先生が学生に向き合ってくれて、しっかりと付き合ってくれる環境が内定への手助け。

私はオープンキャンパスに参加した際に感じた、学校の温かく明るい雰囲気や学びに適した環境に惹かれ豊岡短期大学を選びました。自然豊かな環境にある豊岡キャンパスは、保育をする上で私が子どもに伝えたい「自然に触れる大切さ」を伝えるためには、まず私自身が自然に触れて学びたいという思いにとても合っていて、 この豊岡で保育を学べたことを誇りに思っています。 みんなのびのびと学んでいて、 先生とも凄く仲が良いです。2年間の学びの中で様々なキャリアサポートがあり、1年次より授業や講座を通して公務員試験対策などの就職対策を多く行ってきました。その成果が実り、夢であった保育士としてこの春から福知山市で働きます。豊岡短期大学で身につけた、学びの継続を行いながら保育士として躍進したいです。

田村 茉佑さん(平成29年度卒業)

兵庫県内保育園勤務

時には悩み、学校での学びを振り返る。学生時代、頑張った実習記録が今の私の成長に繋がっています。

豊岡短期大学を選んだのはオープンキャンパスに参加した際、先生との距離が近く進路や保育の相談がしやすいと感じ、また、個室のピアノレッスン室があったり併設園があるなど環境が整っていると思ったからです。 実習では、先生方の指導の元、子どもの目線で話して遊び、楽しむように心がけていました。実習はとても大変でしたが、その経験や記録簿が保育士になった今、とても役に立っています。子どもたちと過ごす毎日は、忙しくも日々の成長を感じ、充実しています。子どもと一緒に遊んで笑って、時には泣いて……悩み、また笑う。子どもの成長とともに私自身も成長でき、とてもやりがいのある職業だと思っています。卒業後も、 学校へ行くと温かく迎えてくれる先生方に出会えたこと。 私が豊岡短期大学の2年間で育んできた宝物は沢山あります。 時には悩み、学校での学びを振り返る。学生時代、頑張った実習記録が今の私の成長に繋がっています。