MENU

重要なお知らせ

【通信教育部こども学科】客観的な指標の設定について

2021.05.20

豊岡短期大学通信教育部では、成績評価の客観的な指標を下記の通り設定しています。

 

• 客観的で厳格な成績評価
「ルーブリック評価表」をレポート、科目試験及びスクーリングに対して導入しており、成績の数値化基準を明確に示している。「ルーブリック評価表」とは、
教育の質保証並びに評価の客観性を担保するために導入している次のような特徴を有した評価基準表である。
〇達成水準が明確化され、複数の評価者による評価の標準化が図られる。
〇評価者と被評価者の間で評価基準が共有される。
〇学習者の最終的な到達度だけでなく、現時点での到達度、伸びを図ることができる。


• 成績分布
各授業科目の5段階の成績評価に対応した評点(グレードポイント、以下「GP」という。)を付与して算出する履修科目の成績評定平均値「GPA」による。
〇GPAの算出方法
(当該期間中における修得した各科目GP×各科目単位数)の総和÷配当年次の単位数合計
〇GPAの分布
GPAの値により、成績分布をグラフ化


• 公表
成績分布図の開示を請求する学生は、本学通信教育事務部に開示請求手続きをしてください。