看護学部

看護学部の教育方針(3つのポリシー)

・人々の生命や健康に対して強い関心を持ち、看護の専門職者を目指す意思がある人。

・生涯にわたり自己研鑚を重ね、幅広い知識を身につけたいという好奇心旺盛な人。

・自ら学ぶ意欲を持つ人。

・他者と協力して行動できる人。

看護学部は、学位授与の方針に掲げる人材を育成するため、次のような教育課程を編成している。

・「共通教育科目」では、人類の文化、社会、自然、地域から広く人間を理解するための視点を養うことを主眼に、教養、外国語、情報の理解に関する科目を配置している。これらの履修を通して、専門支持科目や専門教育科目への導入を図る。また、1年次にゼミナールを配置し、大学での学び方に関する機会を設ける。

・「専門支持科目」では、からだの働き、疾病・治療、専門基礎に関する科目を配置している。保健医療福祉に携わる多職種と連携して行動できるために、看護専門職者として必要な人間理解、健康と疾病理解、保健・社会の仕組みの理解を通して看護者の役割を理解し、行動できる力を修得する。2年次から3年次は看護専門科目の基盤となる力を強化する。また、人間を全人的に理解するために、人体の構造や機能、心の発達、社会の仕組み、法制度等について、理解を深める。

・「専門教育科目」では、基礎看護学、成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学、在宅看護学、グローバルヘルス、看護の統合と実践に関する科目を配置している。これらの科目をとおして、看護の対象となる人間の権利を理解し、看護実践の基盤となる看護専門職者としてのモラルを身につけ、倫理的看護実践の根拠を理解する。

各看護学領域の概論で対象者の概要を理解し、援助論では看護の必要性と方法を学び、さらに、臨地実習においては学内で学んだ看護を対象者に応用し、科学的、統合的な看護を実践できる能力を身につける。

・選抜制で、「保健師課程」「助産師課程」を開講している。

・確かな倫理観に基づいたヒューマンケアリングの基礎的能力を修得し、幅広い視野を持ち、看護を統合的に考える力を身につける。

・保健・医療・福祉に携わる多職種と連携し、チーム医療の中での看護者の役割を理解し、リーダーシップ力とマネジメント力を身につける。

・国際的動向に関心を持ち、それぞれの国や地域の文化の相違を踏まえて、グローバルな視点から看護者としての役割を理解し、行動できる基礎的能力を身につける。