姫路大学大学院

専門分野

博士前期課程

専門分野では4つの分野を設定し、高度な看護実践能力の修得を目指します。

看護教育・看護管理学分野

看護基礎教育・看護継続教育及び対象へのより良い教育介入に向け看護教育の本質を探究し、実践の場における他職種者との連携・協働を含めた看護支援法や教育力を育成する教授法について考究する。さらに、看護管理のあり方やマネジメントについて実践力を修得する。

成人・高齢者看護学分野

成人及び高齢者やその家族の健康とQOLに関する諸理論や概念を学修し、対象理解を深め、健康課題解決方法や看護のあり方を学修する。特に、がん患者への支援や高齢者への誤嚥性肺炎予防について、科学的根拠と最新の知見を基に支援のための実践力を修得する。

障害児・者支援分野

発達障害及び心身障害研究について最近の動向や知見、障害の定義や病態などを学修する。
また、障害児・者の生活状況から問題・課題を見いだし、健康生活やQOLを向上するための支援方法や、医学、看護、福祉、教育との連携などについて探究し実践力を修得する。

地域看護学分野

国内外の地域看護活動の発展の歴史から、その概念や理論的根拠を理解し、地域の人々の健康ニーズを包括的に探究する。また、対象の発達段階や健康レベルに応じた看護実践方法を学修し、正確な情報収集能力、分析力、より高度で専門的なアプローチ力を修得する。

博士後期課程

専門分野では2つの分野を設定し、高度な看護実践能力の修得を目指します。

成人・高齢者看護学分野

がん患者及び高齢者に対する療養生活支援及び緩和ケアに関する国内外の研究動向を広く検討する。
エンドオブライフにおける倫理的課題やがん患者及び高齢者とその家族の健康や生活の課題について考究し、支援方策について研究する。研究成果を博士論文としてまとめることで自立して研究できる能力を養う。

障害児・者支援学分野

障害児・者支援研究に関する国内外の知見や最近の動向について広く検討する。重症心身障害児・者、発達障害児・者、および重度障害のある新生児とその家族の人権、健康、生活課題について考究し、支援方策について研究する。研究成果を博士論文としてまとめることで自立して研究できる能力を養う。