教育学部

教育学部の教育方針(3つのポリシー)

  • 本学部に対し非常に強い入学意思を持つ者で、小学校教諭、幼稚園教諭、養護教諭、保育士を目指す人。
  • 豊かな感性を持ち、積極的にこどもとのコミュニケーションを図る意欲のある人。
  • 他人を思いやる心と、自ら社会の発展に寄与するという強い意志のある人。

教育学部では、保育・教育に必要な倫理観・知識・態度を修得し、教育的課題の解決に必要な実践力を身に付けた人材を育成するために、教育課程を「共通教育科目」、「専門教育科目」、「卒業研究」の3つの分野で構成している。

「共通教育科目」では、人文、社会、自然・健康、外国語・情報、基礎ゼミの学修を通して教育者として必要な研究力の基礎を身に付ける。「専門教育科目」は「教職科目」、「教科科目」、「保育等科目」、「養護科目」の4つの科目で構成され、小学校教諭一種免許状、幼稚園教諭一種免許状、養護教諭一種 免許状および保育士資格の取得のために必要な知識・技能の修得を目指す。保育・教育に関する専門教育科目を通して、こどもの成長・発達に関する知識・理解、教育的実践力、子育て力、発達支援に資する療育的・看護的実践力を身に付ける。

「卒業研究」では、各専門分野の学修成果を生かした保育・教育研究に取り組 む。保育・教育に関する 全般的な知識・技能の修得を基盤とし、保育・教育の実践に必要な専門基礎力が修得されるよう科目を配列し、各 免許状・資格の取得を目指し効果的に 履修できるよう教育課程を構成している。

  • 保育・教育の実践に必要な倫理観・知識・態度を習得し、指導できる力を身に付けていること。
  • 保育・教育に対する使命感と責任感を理解し、教育的課題を解決するために必要な専門基礎力を身に付けていること。
  • 広い視野から他者と協働できる社会性やコミュニケーション能力を身に付けていること。