大学概要

教育方針(3つのポリシー)

アドミッション・ポリシー(学生の受け入れ方針)

  • 「教育の目的は、人に愛される人、人に信頼される人、人に尊敬される人を育成することにある」という本学の建学の精神に即した人材として成長が期待できる人。
  • 社会で求められる社会人基礎力を養成するにあたり、幅広い教養を持ち、主体的に行動し社会に貢献したいという意欲のある人。
  • 社会的・職業的自立のために汎用的能力を身に付け、将来にわたって真の教養人および専門職業人として活躍する熱意のある人。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

  • 看護学部および教育学部の教育目標を達成するために、教育特性を踏まえた学内基準に基づき適正に教員を配置している。
  • 本学の教育課程は、教育理念と教育目標に基づいて、人間の豊かさ、問題解決能力、創造性、柔軟性、広い視野、グローバルコミュニケーションと、複雑で多様な環境に対応出来る人材を養成するようカリキュラムが組まれている。

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

姫路大学の教育目的は、専門の学術の理論および応用を深く研究教授し、『人に愛され、信頼され、尊敬される人』を育成することである。この教育目的を達成するため、学生が卒業時に身に付けるべき能力をディプロマ・ポリシー(学位授与方針)として定める。姫路大学を卒業・修了する学生は、これらの知識・能力を備えていることが必要である。

1.大学での学修を通して、「人に愛され、信頼され、尊敬される」人となるよう、自己研鑽を積み、成長・発展していく力を身に付けていること。

2.専門分野における知識・技能を修得し、探求心を持ち問題・課題を解決するための思考力・判断力を身に付けていること。

3.グローバル化により高度な専門性が要求される様々な地域において、時代の変化に対応できる教養を身に付けていること。

4.様々な課題に対してより良い社会の実現のため、多職種と協働して社会や地域に貢献する力を身に付けていること。